大型で強い台風19号の影響が非常に心配されますが、韓国では今日も授業がありました。

今週は、会計係の皆さん(M.Mさん、N.Yさん、J.Sさん、N.Sさんの4名)をご紹介します。イベント係も兼ねてくださり韓国・ブンダン日本語補習授業校の運営に欠かすことのできない方々です。
今年度は、入学者が増えたり、途中からの入学の方、新しくできたクラスの先生方、補助教員の先生方も増えて、昨年度よりさらに会計が複雑になってきています。その都度、話し合って、お金の面で問題がなくスムーズな運営ができるよう考えてくださっています。
今回は会計係のリーダーMさんにインタビューをお願いしました。



編集者 :  会計係さんの活動を教えてください。

会計係Mさん :  会計係は、年会費や教室代を集めたり、学校で必要なものの購入、イベント時などの精算をしたり、土曜学校のお金の管理をしています。年度末には皆さんに1年間の会計報告をします。


編集者 :  日本語補習授業校についてのお考えがありましたら教えてください。

会計係Mさん :  韓国で子供たちがきちんと日本語を学べる場がある事をとてもありがたく思っています。今後も先生方や保護者が協力し合い、良い学校になって行くことを願ってます。


編集者 :  在校生、保護者の方へのメッセージをお願いします。

会計係Mさん :  海外で日本語の勉強、サポートを継続することは親子共にとても大変な事だと思います。でもきっと努力した分、得られる事も多いと感じてます。
うちの場合は、日本語学習はすれすれの所で続いているのが現状ですが、出来る範囲で細々とでも続けてくれて、将来日本語が出来て良かったと思ってくれたら、と思っています。
日本語以外の勉強や習い事もあると思うので、ご家庭でうまくバランスをとっていけたらいいですね。
時に自分の子は日本語を勉強する事が当たり前と思いがちですが、2ヶ国語、3ヶ国語と頑張ってる子供たちをたくさん褒めてあげたいですね。

編集者 : いつも補習授業校のためにご尽力くださり、また、インタビューにもご協力いただきありがとうございました。
今後とも韓国・ブンダン日本語補習授業校のためによろしくお願いいたします。


IMG_3955
(左からYさん、Mさん、Sさん、Sさん)



教育・学校ランキング人気ブログランキングへ